エッセイ集

「エッセイ集」とは、心の赴くままに書き連ねる「随筆」と呼ばれるジャンルの書き物に分類されるでしょう。これは、素人の作家さんであっても、面白おかしいと思える日常や出来ごとを書きまとめることができれば、自費出版でなく、商業出版であったとしても可能性としては見込めるようです。しかし、その場合には、特に、第三者的な一般の人々に取って、お得と思える情報であったり、特殊な情報であるような事が求められるケースが多いようです。エッセイという分野での作品を募集するような企画は、大手の編集社などではあまりみかけませんので、出版社へ企画を通す事自体が、困難であるというケースがほとんどだとは思いますが、現代ならではの方法として、SNSやブログなどで、ある程度の知名度を上げておけば、出版社サイドの受け皿も広めに受け入れてくれるようなこともあるようです。この場合、素人作家が、公の場に出るような場合、本名を明かすか、覆面ライターとして作家活動を行うかは、迷うところではると思いますが、どちらも成功例はあるようですので、皆さんの気持ちに沿った活動を行う事がベストであると考えます。本業を抱えながら、週末の空いた時間のみを、覆面ライターとして活動するような作家さんもいるようですので、作家としての活動を公に公表されたくないような方々は、いくらエッセイ集とはいえ、自分自身の素情がバレてしまうような事柄を書く事は避けた方が良いと思います。エッセイ集をプライベート出版として試みる人々の中には、「自分史」として、書籍を出版するケースも多いようです。自分しか知らない自分の歴史を語るのですから、自由な世界をおもいっきり楽しんで執筆して欲しいものですが、どうしても自分自身では、文章の構成や表現に物足りなさを感じる人は、代筆などを、プロのライターさんなどに依頼する事も出来るようです。もちろん経費は発生しますが、自分が、歴史上の人物のように語られるというのは、なんとも言えない充実感をもたらすと言う考えをもつ人々もいるようです。