ビジネス書

ビジネス書と言うと、バリバリの経営者が経験談やノウハウなどを伝えるというイメージを抱く人が多く、「素人作家がビジネス書を書く」ということに対して驚く人々もいるでしょう。しかし、より「自分たちに近い視点」で書かれているビジネス書というのは、もしかすると出版業界の中では、財宝の塊であったりもするのです。出版社の中でも、ビジネス書に特化した編集者が多数在籍する社もあるようで、下調べをした上で、出版社へ直接連絡を取り合ってみる事も、ある程度は希望のもてる分野の出版と言われています。もちろん、プライベートな自費出版を試みる人々も多い分野でもあります。自身のビジネス概念に自信のある方であれば、個人的なセミナーやワークショップを開催する事で、指導者として固定ファンや生徒さんとの直接的なつながりを持つ事も可能になりますので、そういった場を利用する事で、自費出版本を手売りする方向性も見込まれます。素人作家であっても、特化したビジネスの分野ではプロとして評価される訳ですから、自分の評価を低く考える必要はありません。個人的な経験談が、出版業界の中では、財宝であると評価される事もあるのです。皆さんも、自分年表などを作成しながら、自分の経験値を俯瞰しながら評価する事も重要な事であります。世間一般には評価されなくとも、ある分野の人々には、熱望されるような素人作家さんも数多くデビューしている業界です。また、自身のビジネス書を、名刺代わりとして配り歩くビジネスパーソンの動きも、昨今、注目を集めているようです。出版マーケティング、もしくはマーケティング出版などと呼ばれる手法ではあるのですが、新たなビジネスチャンスを切り拓くビジネスアイテムの1つとして、クローズアップされる事例もあるようです。本の出版に対する、概念を越えた自費出版として、今後の書籍出版の在り方に大きな影響を与えてくれるような展開が、期待される分野でもあります。