ベストセラーとその後

ベストセラーを生み出した作家は、それだけで自分の才能を過大評価するものです。もちろん自信を持つことは悪くありませんが、周囲の目を憚ることなく自慢したり、出版関係者を蔑ろにしたりすると、痛い目を見ることになります。相当力量のある作家でも、コンスタントに売れる作品を生み出し続けることは、そう簡単なことではありません。出版関係者は作家の過去の態度をよく覚えていますから、売れなくなった途端、相手にされなくなることは珍しくないのです。そもそも出版という作業は、作家のみの力で成し遂げられるものではありません。編集、校正を始めとした、多くの関係者の協力があってこそ、成功するのです。作家は常に彼らに対して感謝することを忘れるべきではありません。  出版社の人間が嫌う作家の例を挙げましょう。よく見られるのは、初版に際して、厳しい条件を付き付ける作家の類です。彼らは初刷の下限や広告に関して、無理難題を押し付けてきます。全国紙で広告を出すには、出版社として相当の費用を負担しなければなりません。そうした苦労も知らずに、彼らは好き勝手な注文をするのです。有名な作家の中にも大勢いるタイプですから、業界の人間であれば誰しも遭遇しているケースです。担当者によって対応は様々ですが、筆者の場合、著者が言うほど売れないと判断すれば、体よく断るようにしています。  筆者がそこまで強気になれるのは、有名なだけで売れないことをよく知っているからです。出版の世界は甘いものではありません。大作家の作品であろうと、売れない時は全く売れません。著者の名前だけでなく、中身が伴って初めて売れるのです。ですから初刷の増減に関しては、出版社が主導権を握るべきなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です